中学受験を乗り越えるために。

中学受験を成功させるために必要なことは、親と子供が協力し合って乗り越えていくことです。よく、保護者だけの気持ちで色々な塾に通わせている場合がありますが、おそらく子供はなぜ勉強しているのかわからないまま通うことになるでしょう。しっかりと、子供の気持ちを尊重した中学受験であればなぜ勉強しないといけないのかを子供自身がわかって勉強するためより効果的な勉強ができ成功しやすくなります。
実際の経験談としては、小学4年生になった段階で塾に通いだして国語と算数を勉強しました。5年生になると、理科と社会の勉強も加わりましたが正直、さほど苦しくは感じていませんでした。今思えば、4年生の間にしっかりと勉強習慣を付けれたのが大きかったと思います。4年生の頃は難しい問題を解いているというより何度も同じ問題を繰り返して正解の数を増やしていく勉強法だった気もします。それがあったからこそ、高学年に入って内容が難しくなってもついていくことができました。
これから中学受験を迎える親御さんがいるのであれば、4年生の頃にいかに基礎を固めて勉強のスタミナをつけることができるかがポイントだと思います。勉強の体力がないとどんなに理解力があっても途中でへばってしまいますので、なるべく早い段階で家族会議を開いて家族全員で中学受験に挑んでいくことをお勧めしたいと思います。